アニメーター・声優・マンガ家を目指す!代々木アニメーション学院東京校の「学院ライフ」「お得情報」「イベント情報」などを紹介します!

代々木アニメーション学院 東京校ブログ


<< 六本木でブイブイ言わせてきました! | main | オープンキャンパス目玉のイベント!!!! >>
デッサン 夏だから、、、 それじゃあ水を描こう? の巻
どーもデッサン担当Mです。

東京は梅雨明けしちゃいましたね〜
うーーー暑い夏がやって来る(ていうかすでに日差しが熱視線!!)
みんな熱中症には気をつけましょう!!


夏と言えば名曲が多いですよね。


山下達郎「僕らの夏の夢」

aiko「花火」
井上陽水「少年時代」
RCサクセションの「サマーツアー」
ピンクレディー 「渚のシンドバット」


え 後半が古い??
でも名曲よ〜




暑い夏のせい?という訳ではありませんが

2年生は

「手と水」をテーマにした
構成デッサンでした。



 
構成デッサンとは

テーマに沿って
自分で自由に状況設定や画面を考える課題です。
普段の石膏デッサンや静物デッサンは
見たモチーフを正確に再現する事が大事な課題ですが

構成デッサンは自分の好きなように絵作りが出来るの課題なのです。

最近ではアニメやゲームの会社でも質感表現や構成力が求められているので
3年前からこの課題を導入しました。

課題は「手と水の美しい関係」

例えば
〇水の入ったミネラルウォーターと手

〇指先から水が流れ出てくる

〇水で竜を作る!

などなど

実生活の何気ない風景や現象を切り取ったビジュアルを見せても良し
新たに絵でしか表現出来ない世界観をアピールしても良し


水を絵にするのはとても難しい
質感表現の極みとも言えるテーマです。

アニメーションやマンガ イラストレーション フィギュアなどの造形物
水を上手く表現した作品は世界中にたくさんあります。

授業では
構成のアイデアをしっかり練って画面作りからスタート

時にはみんなの前でプレゼンテーションをしてもらったり

水の資料を集めたり 実際に水道を見に行って観察したり

作品を仕上げる為のリサーチや観察
必要な質感表現を鉛筆のみで表現すること

これこそクリエイティブな仕事です。

学生にとっても
自分で画面構成を考えることが出来る課題は初めてなので
新鮮な気持ちで取り組んでいました。

今回も力作が揃いました。








蛇口のアングルが憎いね。指洗ってるのかしら?





シンメトリーを生かしたプログレのレコードジャケットの様な秀作






水を止める技を披露中!水のフォルムがキレイです。





海からの光が神秘的な作品




とりあえず4作品を紹介しました。




水などの現象を鉛筆のみで表現する

これが出来る様になったらどんなツールでも表現可能ですね。

この課題は全国の代アニで取り組んでいます。

他の学校の力作も気になりますね。





東京校は負けないよ!!

と親バカな担当Mでした!!


officialsaite access
● お知らせ ●
● twitter ●

● カレンダー ●
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
● 選ばれている記事 ●
● カテゴリー ●
お問い合わせ
代々木アニメーション学院東京校
■本部・声優館
■アニメ・マンガ館

〒151-0053
東京都渋谷区代々木
1-57-1
TEL03-3378-8999


◆メールでお問い合わせ!◆
◆アクセス◆

■フリーコール
0120-310-042
● リンク ●
● アーカイブ ●
● ブログ内を検索 ●

● その他 ●